妊娠線予防にはとにかく保湿!

通っていた産婦人科の先生が女医さんで、妊娠がわかってすぐに、妊娠線を防ぎたかったら、お腹が目立つ前から保湿クリームを塗るのが一番だと言われました。先生いわく、妊娠中はホルモンバランスが急激に変化するので、肌がいつもより乾燥しているそうです。

 

妊娠3ヶ月の頃からお風呂上りに保湿クリームをお腹に塗るようにしました。

 

値段の高いクリームを少し塗るより、お手ごろな価格のものをたっぷり塗った方が良いと聞いたので、ドラッグストアでその時に安くなっている商品を使っていました。もともと、保湿にはお風呂上りにタオルで体を拭く前にクリームを塗った方が良いと感じていたので、妊娠中は下腹部から胸の下まで広くクリームを塗り、上からトントンとタオルで拭く程度にしました。

 

妊娠8ヶ月になって急激にお腹が大きくなりましたが、結局妊娠線は1つもできませんでした。

 

妊娠線専用のクリームなどもありますが、特に使わなくても大丈夫でした。

 

お腹が目立ち始めてからではなく、妊娠初期の頃から保湿をしっかりして肌を柔らかくしておくことが大切だと思います。

 

妊娠線の予防は自分で見えない所にご注意下さい

妊娠線は妊娠する時にできるとは限りません。

 

急に太った時もできます。

 

ですから、妊娠線を避けようと思うなら、お腹が急に大きくなる妊娠後期に頑張る事です。

 

 

 

市販の妊娠線予防クリームでも良いですし、ピュアなオリーブオイルでも効果があると思います。

 

 

 

問題は自分の油断です。

 

 

 

妊娠後期にお腹が大きくなると、自分の足元も見えなくなります。

 

自分で見えるお腹の上の方は一生懸命クリームで妊娠線が出来ない様にケアしますが、自分で見えないお腹の下、つまりおへその下の方はクリームを塗らなかったりしてしまうのです。

 

見えないので気にもならないのかもしれませんが、これが油断なんです。

 

赤ちゃんが大きくなるとお腹の下が大きくなっていくので、妊娠線を出来ない様にするポイントは、おへそより下に注意をする事だと思います。

 

 

 

ただ私も経験ありますが、妊娠後期になると生まれてくる赤ちゃんの事が気になり

 

妊娠線とか忘れてしまいます。

 

お腹の下は見えないから尚更です。

 

 

 

お腹の下が自分で見えるのは出産後ですから、油断しないで下さいね。

 

できてしまった妊娠線も諦めないで

私はずっと諦めていたのです。一回で来てしまった妊娠線はもう消えないと思ったからです。でも違ったのです。今からでも遅くありません。ちゃんと毎日お手入れをすれば、妊娠線はなくなっていくのです。

 

それがストレッチマーククリームなのです。これを毎日使っていれば、ちゃんときれになくなっていくのです。だから私は諦めす事をやめました。そして毎日ちゃんとお手入れをしていこうと思ったのです。

 

何でもそうですが使い続けることが大事なのです。肌は再生するのです。肌を整えて、潤いを与えてくれます。とても滑らかな肌にしてくれるのです。

 

毎日寝る前に塗っています。そして朝起きた時にも、お腹に塗っています。「妊娠線消えろー」そう唱えながら塗っているのです。妊娠線はきっと消えるのです。私の友人は、結構目立つ妊娠線ができていましたが今ではとても薄くなっていました。努力しているからです。

 

私も今からでは遅くないので頑張ろうと思います。